お母さん女医のための職場

出産、育児を抱える女性にとって産休は永遠のテーマである。医歯薬の中でも女性医師や看護師の産育休に関する話を聞くと、とてもシビアでナーバスになる。医師・看護師不足解消対策として女性医師や看護師の支援対策が取られて来たが、実際女性医師や看護師が求める環境と現場に用意されている環境に食い違いがあるので「話にならない」事が多いと言う。育休を終えて復帰しようとした時勤務地が遠くて通えない、給料が低いなどの勤務条件の不遇さに女性医師や看護師達は悩まされると言う。保育施設が用意されていても病院によって事情は様々なので実際利用している人は少ないと言う。
特に医歯薬の現場では出産育児が絡んでしまうと女性は大変な思いを経験してしまうのではないだろうか。理不尽に感じる事も多々あるだろう。女性医師や看護師は一度はぶつかってしまう壁かもしれない。病院側が提示する条件が育児中女性の視点に合わせる事は難しいのかもしれない。
女性医師や看護師と聞くと理知的でクールな人を想像させるが、家庭に戻ればチラシの安いスーパーまで自転車を走らせる姿はごく普通のお母さんと変わらない。お母さん医師や看護師はわたし達が思っているよりずっとハードで、奮闘しながら働いているのだ。
働く女性が出産育児を経ても、快適に職場復帰出来る社会を皆で作って行ける様に努力しなければならない。日本の社会はまだまだ足らない事や改善すべき点がたくさんあるが、社会にとって必要な人材を潰さないためにも有効な対策がこれからも必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です